空家・空地の「有効活用」「売却処分」「空き家管理」「建物解体」「家財処分」「名義変更」「改修工事」「相続相談」「借地借家」などの各種ご相談は、一般社団法人神戸空家・空地管理センターへ

空家の所有者が高齢なため、自分で管理できない

  • HOME »
  • 空家の所有者が高齢なため、自分で管理できない

「親が高齢になってシニア住宅へ引っ越した。元々住んでいた家は、現在空家になっているが、本人が管理出来ないため、家族が管理している。」このようなケースは多く見受けられます。また、本人が認知症となり、自宅管理だけに留まらず資産管理全て行わなければならないということも、今では珍しくありません。ご家族の方もそれぞれの生活があり、空家になったご身内の自宅管理にまで手がまわらないこともあるでしょう。

ご身内所有の空家について、本人が将来戻ってくる可能性や、本人が認知症などのご事情等により、売却・処分の判断や手続きが難しい場合もあります。

過去に、様々なご家族事情に対応した事例を基に、ご相談者のご事情や背景に副った空家対応をご案内致します。どうぞお気軽にご相談下さい。

  • 空家・空き地と成年後見制度の関連相談
  • シニア住宅へのお申込みのご相談
  • その他、高齢者名義の空家・空き地についての各種相談

■関連リンク/空家・空き地と成年後見制度の関係について

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-1777-40 AM9:00~PM6:00(土日祝営業)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.