空家・空地の「有効活用」「売却処分」「空き家管理」「建物解体」「家財処分」「名義変更」「改修工事」「相続相談」「借地借家」などの各種ご相談は、一般社団法人神戸空家・空地管理センターへ
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • コラム

コラム

この時期だからこそ、郊外の空き家に住むことをあらためて考える。

ここ最近、新型ウイルスの影響により、 不便な日常生活を強いられている方が多いのではないでしょうか。 この問題を、少し異なる角度で客観的に見た場合、 今後の日常生活のヒントになるかもしれません。 「三蜜(密接)(密閉)(密 …

知っておきたい空き家の売却査定評価について

築25年経過した空き家が、何故、建物評価“0円”なのか。 ご所有不動産のご売却を検討されている方、特に、対象物件が木造の空き家の場合、 査定を受ける前に知っておいて頂きたいポイントをご案内いたします。 先ず、空き家査定の …

隣戸の所有者が異なる連棟住宅の維持管理等について。

二件で一棟になっている、いわゆる“連棟住宅”について、それぞれの所有者が異なり、 維持管理(メンテナンス)状況にも大きな差がある場合、対応方法が難しくなります。 例えば、維持管理が良い住宅側(物件Ⓐ)は賃貸住宅として貸し …

「所有者不明土地」問題、新法成立

令和元年5月17日、「所有者不明土地」問題を解消する目的にて、 『表題部所有者不明土地の登記及び管理の適正化に関する法律』が成立しました。 「不動産は資産の代表格」といわれ、多くの一般個人や法人が土地を所有し、 資産とし …

神戸市からの空き家管理に関するお知らせです。

先日、神戸市固定資産税課所有者調査担当より、 「空き家管理に関するお知らせ」ハガキが配布されました。 このお知らせは、昭和56年5月31日以前に建築された 旧耐震基準の建物をお持ちの納税義務者へ送付されています。 お知ら …

近年、相続した「住宅」を賃貸活用行う方が増えています。

令和元年。人口減少が本格的に進んでいく時代・・、 住宅がどんどん余っていく・・、 このような表現でこれからの社会構造や住宅事情を例えてしまうと “将来真っ暗”な印象になってしまいます。 結婚して購入したマイホーム。それ以 …

住宅ローンが残っていれば賃貸活用ができない!?

近年、住まなくなった空き家を賃貸活用するケースがとても増えており、 それに伴い、各種保険や賃貸保証など、賃貸活用を行う上での様々な環境整備が整い、 一般の方も安心して賃貸業を行うことができるようになりました。 空き家を賃 …

自宅や敷地内で人が亡くなられた空き家の扱いについて(不動産の心理的瑕疵)

近年、不動産の売却相談で、心理的瑕疵の検討が必要なご相談案件が増えています。 そもそも、不動産の「心理的瑕疵」とは・・・ 先ず、一般的に言われる「瑕疵」とは、表面的には見えない (隠れた)“欠陥(けっかん)”のことです。 …

政府による所有者不明の空き家・空き地対策が本格化

政府は、所有者不明の土地の解消対策の基本方針を決定するために、 6月1日、関係閣僚会議を開催しました。 主な内容は「相続登記の義務化」「土地所有権の放棄の規定」 「登記と戸籍の情報連動システムの構築」等々です。 また、そ …

“木造空き家”が長期優良住宅に改築

空き家をリノベーション工事行い、 長期優良住宅に認定された一戸建て住宅が、 先日、朝日新聞で報道されました。 長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で利用するための 構造や設備等が講じられた住宅を国土交通省が認定する制 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.